【美ヶ原】広大で平坦な高原と電波塔と時々牛の群れ

2017年8月10日

どうも、yunaです。

前日は、霧ヶ峰を散策しました。2日目は美ヶ原です。1日で2山登れてしまいますが、せっかく長野に来たのでゆっくり楽しむため、1泊2日の旅にしました(^ν^)こちらも霧ヶ峰同様、登山というよりも散策。霧ヶ峰に登っていた時はこんなに楽ちんな百名山はない!と思っていましたが、次の日はもっと楽ちんな百名山でした(笑)そしてスタート地点は美術館という超変わり種なのでした。

美ヶ原高原美術館から登山スタート、王ヶ頭へ

本日も快晴!8時頃、駐車場を出発します。目の前には美術館という。何とも不思議な感じです(^◇^)屋外展示物が多数あり、めっちゃ広いです。お昼によくCMやってるよな〜と思っていたら箱根彫刻の森美術館の間違いでした(笑)興味をそそられたので、帰りに寄ることにします。

美術館の裏にまわり、メルヘンチックな木道を歩きます。テンション上がって来た!

見渡す限りの草原。広さは東西5㎞にも及ぶそう!開放感が最高!

山本小屋や美しの塔も見えてきます。

ロックマンのワイリーステージな雰囲気(santama談)。放送局の送信アンテナと、建物は王ヶ頭ホテルですね。ここに最高峰の王ヶ頭(2,034m)があります。というわけで、ホテルを目指します。

槍ヶ岳もバッチリ見えました٩(^‿^)۶この日は天気が良くて、かなり遠くまで見渡すことができました。いつかあの頂きに立ちたいなあ。

山本小屋あたりから、しっかりと整備された平坦道に変わります。真っ青な空に飛行機雲!夏の空って感じ〜!

途中に牧場。至る所に牛さんがいます。地元の酪農家さんの牛を預かって放牧してるんだそうです。みんな気持ち良さそうに眠っていますね(^_^)

こちらにはお馬さんもいましたよ。

おっと、失敬失敬。

牧場に、ごっつい送信アンテナとホテル。組み合わせの妙。

へんたいおじさんが あらわれた

平坦道だとしきりにふざけだすsantama。

美しの塔に到着。裏に回ると鐘を鳴らすことが出来ます。何となく幸せになれそうなので、一応鳴らしておきます(笑)

遠くに霧ヶ峰の気象観測レーダードームが!

ふぅ〜。実に気持ちいい散歩道。そろそろ山頂に着きます。

王ヶ頭ホテル前に到着。上部まで車道が通っているので、ここまで送迎バスで来ることができるみたいです!

王ヶ頭ホテルではソフトクリームを食べました。おいしい〜〜!牧場が近くにあるソフトクリームは間違いなく美味しいですよね。

ホテルの裏が山頂になっております。王ヶ頭、美ヶ原山頂に到着です。

アルプス展望コースを経て下山

このあとは、やって来た道とは違う、アルプス展望コースを通って帰ります。

烏帽子岩。ここはいい撮影スポット!yunaが先に行って、santamaに撮影をお願いします( ^∀^)

おーい!先端は断崖で、結構スリル満点です!

岩が薄い板状に重なった地層で、乗ると崩れそう((((;゚Д゚)))))))

sanatamaも撮ってー!とうるさいので、仕方なく来た道を戻りハイ、チーズ!

途中で子供たちが「ヤッホー!」と叫んでいたので、santamaが「ヤッホー!」と叫び返していました。子供たちが、めちゃくちゃ喜んで笑っていたので何回か相手をしていたら、更に前を歩いていた子供に向かって叫んでいたことが判明。何だこの勘違いおじさんは。

山本小屋まで戻り、お昼に石窯本格ピザを頂きました。想像以上のボリュームでした(笑)

高原の美術品を鑑賞

親指

yunaのお気に入り

棒の上で踊る人々

かお

謎の芸術品

私たちにはさっぱり意味のわからない美術品ʅ(◞‿◟)ʃでもこれが芸術ってもんでしょう!

途中でハチに執拗に追いかけ回され、カメラを地面に強打したり、アブに初めて刺されて腫れたり、美術館が広すぎたりで、全部見きれず退散しました(笑)

霧ヶ峰の方まで戻り、お馬さんににんじんをあげる。(突然)

生牛乳ソフトクリームというのぼりに惹かれ、本日2つめのソフトクリームを頂いて大満足!!

美ヶ原登山を振り返る

美ヶ原は登山というよりも、散歩道でした。危険箇所も、歩きづらい所も、ほぼありませんでした。一周3〜4時間ですので、帰ってきたら美術館もゆっくりまわれます。牛もいる、美味しいソフトクリームもある、天気がよければ北アルプルを一望できる!登山の後には芸術も楽しめる、一風変わった旅なのでした。多分、松本市に住んでたら毎週遊びにくるかもね(╹◡╹)