【車中泊】フリードプラス用に取り外しと奥行が調整可能なテーブルをDIYしました

車中泊をするためにフリードプラスを手に入れて、最初にやったことが、テーブル製作です。

とにかく僕は、車の中で、テーブルの上で、ご飯を食べたい!寝るだけじゃなくて、居住空間として快適にしたい!
そんな思いから、テーブルを作ることは決定していたのでした。

動画

製作過程は動画をご覧ください。

フリードプラスのテーブルは誰でも簡単に作れます

材料

  • 桧リメイクボード(天板用)×3枚
  • 角棒
  • 6mmボルト
  • 6×13座金
  • ウレタンニス

この中で一番高いのが桧リメイクボードで、1枚あたり1380円ほど。
全部合わせて6000円しないくらいでしょうか。

桧リメイクボードを3枚使う理由

フリードプラスにテーブルを自作している方は、割と大きな板を一枚で使っていることが多くて、取り回しが大変そうで。取り外す時に「重い!santamaさんやって!」と、yunaさんが言うのは確実で。
それと、買い物にも使うし、登山にも使うし、車中泊にも使う…等、用途によって荷物の大きさや量が違うので、それに応じて天板の広さを変えたいと思ったのです。

基本的に2枚が汎用性アリ

たとえば、登山に出かけるときはザックを積むので、天板を一枚にしてザックを置くスペースを作りたいなーとか、車の中で食事を楽しみたいときは天板を2~3枚にしてスペースを広く取ったり(もちろん、天板の上下にモノを収納できるように)したかったのです。

天板を分割するにも、ただ板を三枚に割るのも芸がないなあと、ビバホームをウロチョロしていたところ、実にピッタリな板を見つけました。それが桧リメイクボードです。
桧リメイクボードじゃなくても、好きな板を正しい幅でカットすればオーケーですよ。

ラゲッジルームのユーティリティナット

フリードプラスのラゲッジルームには、ユーティリティナットが標準装備されています。これが神。これを使えば、簡単にテーブルを設置することができます。

  • ユーティリティナットに合わせて受け部分に穴を開け、ボルトと座金で受け部分を固定。
  • 板を乗せるだけ。
マキタ(Makita) 充電式ドライバドリル MDF347DS

マキタ(Makita) 充電式ドライバドリル MDF347DS

10,965円(08/20 08:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
スターエム 5B-080 先三角ショートビット 8mm

スターエム 5B-080 先三角ショートビット 8mm

642円(08/19 17:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

ユーティリティナットの間隔に合わせて受け部分に穴を開けるのですが、この作業が一番繊細で難しいです。
使用するのが6mmボルトなのですが、6mm丁度の穴を開けると確実に詰みます。
ドリルで穴を開ける際にどうしても斜めに開けてしまったり、ズレてしまうことがあるので、ボルトよりも一回り大きめの穴を開けて遊びを設けることをおすすめしますよ。

ニスについて

僕はウレタンニスで光沢を出しました。テカテカの爽やかな感じになります。アウトドア用なので、もっと渋くてマットな感じにしても良かったかなと。ワトコオイルが良かったかなー。

ニスは塗らなくても良いんですけど、どうしてもバリやササクレは存在して、引っ掛かりやケガの原因になりそうなので、やすり掛けと共にやっておいた方が良いかなと。
ウレタンニスはどうやら高温でくっつくようなので、しばらくテーブルをセットしておいたままにすると、受けと天板がくっついてしまいます。下からぶっ叩いて剥がしてますが…。

テーブルがあることで車内生活が豊かになります

食事を安心して楽しめる

さすがに油を使う調理はしたくないけれど

旅先のスーパーやコンビニで弁当や総菜を買うだけでも楽しい!運転席で食べるよりも美味しい(気のせい?)!ちゃんと座って安定した場所で食べられることがありがたい…。

荷物を置く棚として使える

テーブルは、移動するときも取り外す必要はないので、移動中は棚として使用することができます。おかげで、登山道具を綺麗に積み込むことができるようになりました。

上下の空間を生かすことができます

軽くて小さなものはテーブルの上に。撮影道具が入っているケースや毛布などはテーブルの下に。以前は雑に入れていて、目的のものを出したり探したりするのが大変だったのですが、おかげで非常に楽になりました。
ちなみに、カーブを曲がろうが、デコボコ道を走ろうが、テーブルが外れて落下したりすることはありません。

というわけで、簡単に作れて、車内生活が圧倒的に便利になるテーブルを皆さんもぜひ作ってみてください!