【山小屋】鳥海山登山で宿泊~御浜小屋~

どうも、yunaです。

鳥海山に登った際、お世話になった御浜小屋。
鉾立登山口から歩いて2時間の場所にあり、鳥海湖を一望できるロケーションばっちりの山小屋です。早速レポートしていきたいと思います!

御浜小屋に宿泊した理由

鳥海山で宿泊するとなると、大体の登山者は頂上の御室小屋を利用するのではないでしょうか。
私たちも、当初は御室小屋に宿泊する予定でした。
しかし、天候不良が続いた影響で荷揚げが遅れ、御室小屋はまだ営業出来ない…。
という流れで、御浜小屋に宿泊することになりました。
お陰で1日目はゆっくりまったりと過ごすことが出来たので、結果、御浜小屋に宿泊して良かったです。

御浜小屋の基本情報

鳥海山大物忌神社が運営する山小屋のひとつ。
そのほか、頂上にある御室小屋も鳥海山大物忌神社が運営しています。

アクセス 鉾立登山口から徒歩2時間
標高 1700m
営業期間 例年7月上旬~9月中旬
収容人数 50人(新型コロナの影響で現在は20人)
料金 大人:1人7700円(食事代別:1食につき+1650円)
予約方法 鳥海山大物忌神社TELより予約00234-77-2301
携帯電話 docomo〇 au〇 softbank〇
ひとことメモ 小屋周辺にはたくさんのお花が咲き乱れている!
設備
個室:なし
テント場:なし
水場:なし
トイレ:汲み取りトイレ(洋式トイレあり)
昼食営業:なし
売店:飲料、山バッジ、花の本など

鳥海山大物忌神社のHPはこちら

2021年7月現在の情報となります。

御浜小屋の紹介

 

鉾立登山口から歩くこと2時間。ここまで緩やかな登りが続き、楽々登ってこれました。
鳥居をくぐれば御浜小屋に到着です!


水色の建物が御浜小屋。奥の茶色い建物がトイレとなっています。
小屋の前は石段で、景色を見ながら座って寛ぐことができます。
石段は山の斜面側が斜めになっているので、荷物などを転がさないように注意!(私はやらかした)
6月中旬頃には、ここに一面コバイケイソウが咲くそうです。


入って右手に受付があるので、まずはチェックイン。
小屋のお母さんはすごく穏やかで優しい方!とても和みました(*^-^*)

小屋の中は「昔ながらの山小屋」いう印象です。山小屋というよりは避難小屋に近いのかな。

隣りに同じくらいの広さの部屋がもうひとつ。
この日、やっとヘリの荷上げが出来たようなので、物資がいっぱい運び込まれていました。荷解きでスタッフの方はてんやわんや!!

宿泊者用の外履きサンダルはしっかり用意されていました。

暇つぶしの本は、石塚真一先生の「岳」が置いてありました。数年前に、ヒュッテ大槍で初めて読んで大人買いしたっけな〜。

あとは簡易的な着替え室があるくらいで、小屋内部は本当に簡素的な作りです。

コロナ対策のため、団体ごとにダンボールで仕切りをしてくれました。こちらもコロナの影響か、寝具の貸し出しはなかったので、シュラフやマットを持参する必要があります。

翌日山頂に行く場合は、不要な荷物を預かってくれました。

続いて、小屋周りを見てみます。
夏の鳥海山といえばたくさんのお花!ということで、お花の紹介が分かりやすく掲示されています。

売店は飲料類、バッジなどが販売されています。
荷上げ前に撮影したので隠されていますが、コーラやビールなどもありましたよ。

そして、小屋に併設された鳥ノ海御浜神社。300円で御朱印が頂けます。

トイレは男女別に分かれていて、綺麗に清掃されていました。

最後に食事です!

朝食・夕食共に5時半からで、寝る場所と一緒のところで食べます。
テーブルはないので床に直置きスタイル!御浜小屋の夕食はおでんと決まっている模様
ザ・山小屋飯!という感じですね。早出したかった為、朝食はパスしました。

消灯は20時頃で、特別決まっているわけではなく、みんなの判断で消す感じでした。
19時半にはみんな寝ていたので、今までで1番早い就寝となりました(笑)。

小屋からの展望

小屋を出て、裏手に回ればここのシンボルである鳥海湖が一望出来ます。
7月中旬はまだ雪が残っていて、青い湖が一層映えていました。

周辺にはニッコウキスゲやコバイケイソウ、ヨツバシオガマなどの花が咲き乱れています。
ピンク、黄色、白。色のバランスもいいお花畑!

小屋から笙ヶ岳に向かって20分ほど歩くと、ニッコウキスゲの大群落もあるので、是非足を伸ばしてみてください。

笙ヶ岳に至る稜線。今回は時間がなかったので行かなかったですが、次回は歩いてみたい!

鳥海山山頂(新山)~外輪山も小屋の前からよく見えます。
アーベントロートで赤く染まる美しい時間。

そして、小屋周辺で最もおススメしたい絶景ポイントは扇子森から見る鳥海山
どんと構える鳥海山に向かってのびる登山道は、とっても美しかったです。


日本海に沈む夕日が見られるのも、鳥海山の素晴らしいポイント!
こんなに海が近く見える山っていうのは、特別な感じがします。

御浜小屋周辺は見どころがたくさんあるので、いろいろな楽しみ方が出来ますよ(*’ω’*)♪

勝手に総合評価

  • 展望の良さがピカイチ
  • 小屋周りの散策が楽しめる
  • 小屋のスタッフさんが温かい
  • ご飯のボリュームが少ない
  • 売店の品数が少ない

勝手に総合評価 ★★★★ 4.0

良くも悪くも小屋内に暇つぶしアイテムがないので、自然を存分に満喫出来ます。
一歩小屋を出ればそこには絶景が広がっているので、何をするでもなく、ただボーっと日常を忘れて、ゆったりとした時間を過ごせる山小屋。
北アルプスなどの山小屋クオリティを求める人には、少し物足りなさを感じそうです。

鳥海山の記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA