登山の持ち物リスト:ウエア編

登山に必要なウエアとは。登山に必要なものはいろいろありますが、今回はウエアに絞って紹介したいと思います。全て持って行くとなると、大変な量になるので、取捨選択が悩ましいところです。向かう山域/季節/天候によって、変えていきましょう。重要度は主観も入っていますので参考程度に。

◎ ベースレイヤー(アンダーウエア)
一番下に着る物。アンダーウエアの性能で登山の快適さが変わってしまいます。吸汗速乾性の高い物を選んでください。化繊か、メリノウールが主流。

◎ シャツ
日焼けや虫刺されを防ぐため、基本的に長袖推奨。アンダーウエアが長袖ならシャツは半袖でもOK。

◯ ソフトシェル
防風・撥水性のある、アウターとしても中間着としても使えるウエア。柔らかめの着心地。脱ぎ着しやすいものを選ぼう。

◯ ハードシェル
気温の低い高山帯や、雪山用。防風・防水性能に優れる。

◎ 防寒着
ダウンやフリース素材のウエア。保温力と軽さで、ダウンが断然オススメ。収納も非常にコンパクト。濡れると保温力が落ちるので気をつけましょう。

◎ レインウエア
三種の神器。山で雨に濡れて風に吹かれるのは死活問題となる。ハードシェルがない場合には、ある程度の代わりにもなるが、過信は禁物。

◎ パンツ(ズボン)
動きやすいものを。キツかったり、短かったりすると、登山の快適性がものすごく落ちる。

△ サポートタイツ
膝をサポートしたり、疲れにくくしたりする等、目的によって選びます。僕は締め付けが気になるのであまり穿かない。

◎ ソックス
臭くなりにくいメリノウールがオススメ。

◎ 着替え
1日なら我慢できても、2日目以降は…。汗冷えしてる時に着替えると嘘のように暖かくなります。できれば持っていきたい。

△ 替えのソックス
臭いさえ我慢すれば、不要?

◯ 替えのパンツ
山でうんちを漏らしたことありますか?僕はあります。替えがないと悲劇です。

◯ 帽子
ハット、キャップがある。紫外線を防ぐ。ちょっとした雨の時にも重宝します。

◯ グローブ(軍手)
岩場の多い登山道や、鎖場で必要。不意に手をついた時や、転んだ時の怪我を防ぐ。鎖場は、手が臭くなりますよ。

◯ サングラス
稜線に出るなら必須。雪の上を歩くときは必須。意外と目も日焼けする。それが結構きつかったりする。