【瑞牆山と金峰山】1日目

2017年11月1日〜2日。まるで山から岩が生えているかのような頂上の瑞牆山。人工的な建造物にしか見えない五丈岩を有する金峰山。この2つの山は、お隣同士の百名山です。富士見平小屋に泊まって、鹿肉ソーセージも良かったのですが、今回はテント泊の山旅としました。

山旅サマリー

今回の旅費(概算)

内容 金額 備考
ガソリン代 3,048 往復
高速代 11,920 往路
富士見平幕営料 1,000 一人分
バッジ代 1,100 二山分
飲料(ポカリ・水) 800 金峰山小屋
コーラ 400 富士見平小屋
合計 18,268 他食事代等

コース

1日目:瑞牆山荘〜富士見平〜瑞牆山〜富士見平(テント泊)

2日目:富士見平〜大日小屋〜大日岩〜金峰山〜金峰山小屋〜大日岩〜大日小屋〜富士見平〜瑞牆山荘

登山情報

どちらの山も、途中まではきつくないです。登りも下りもストックがあると、かなり疲労軽減になります。ただ、後半はどちらも岩山で、手をつく場面も増えてきますし、鎖場も数ヶ所あります。ストックは収納して、グローブをするとスムーズに登れます。初心者でも登りやすい岩山です。

瑞牆山へ


瑞牆山荘前からスタートです。足元は落ち葉だらけ。

20分あるくと、目の前にドン!本日の目的地、瑞牆山です。

富士見平直下には、水場がありますが、フィルターの中に落ち葉が入っていたので、生で飲むのはやめたほうがいいかも…。

スタートから50分程で、富士見平に到着です。本日はここで、幕営します。
まさかのまさかで、富士見平小屋の主人は下山中。つまり、今夜の晩酌はなしということです。なんということでしょう…。

富士見平というだけあって、富士山も見えます。

帰ってきてもビールは無い…。若干テンションが下がり気味ですが、テントを張り終えた我々は、瑞牆山へ向かいます。

桃太郎岩。かなりでかいぞ桃太郎。

かなり険しくなってきました。ストックは収納して、手をついて登ります。

富士見平から1時間30分程で、山頂直下です。

この辺は日があたらないためか、なんと氷柱ができいています。また、足元の岩も凍っており、かなり滑ります。この日は、凍ってない部分を探しながら、なんとか登れました。ここまで来て頂上に行けないのは悲しすぎます。軽アイゼンくらいは持っていきましょう。

頂上も近いです。頭の中に、さだまさし「空になる」のイントロが流れ始めます。

登頂!


八ヶ岳!

/^o^\フッジッサーン

いやあ、ここまでスッキリ空の下で登山するのは久しぶりでした。爽快。

もしかしたら、富士見平小屋の主人が帰ってきているのでは…。そんな期待を胸に下りましたが、全くそんなことはありませんでした。ビール飲みてぇーよぉー!