登山初心者向けレイヤリングの基礎知識

レイヤリングとは

登山ウェアを買うときに、必ず出てくる言葉、「レイヤリング」。簡単に言うと「重ね着」のことですが、単に着込むだけでは、汗を大量にかくことになり、快適にはなりません。

登山ウェアに求められる機能は、防風・防水・保温・透湿・吸汗…と多岐にわたります。厳しい外部環境から体を守るのに、一枚のウェアですべてを網羅することは不可能です。そこで、機能を別にするウェアを重ね着することで対応するのです。

レイヤリングの基本は三層

レイヤリングの考え方の基本は、三層(レイヤー)構造です。

その三層とは、大量にかく汗を処理するベースレイヤー、その上に体を保温するミッドレイヤー、そして一番外側に着る外部環境から体を守るアウターレイヤーです。

ベースレイヤー

レイヤリングの基本で、一番下に着るウェアです。季節を問わずに着るものです。インナーウェア、アンダーウェア、下着、肌着…といろんな呼び方をされます。

登山中に、汗が乾かずに不快な思いをしたことは誰にでもあると思います。濡れたウエアが肌に貼りついて、ヒンヤリするアレですね。

濡れたウェアは、どんどん体温を奪ってしまいます。夏場なら「冷たいなぁ…」という程度で我慢できても、秋冬では低体温症になりかねません。

ベースレイヤーに求められる機能は、その汗の処理です。体から出てきた汗を素早く吸収し、乾かし、体をさらさらに維持する吸水速乾性能がベースレイヤーに求められるのです。ベースレイヤーの性能が登山の快適さを左右すると言っても言い過ぎではありません。

暑い時期は吸水速乾性のある化繊のものを選びましょう。寒い時期は暖かくて、汗を吸っても冷たくならないメリノウールがおすすめです。

ベースレイヤーのさらに下に着るドライレイヤー

最近では、ベースレイヤーの更に下に着る、ドライレイヤーというウェアが登場しています。

撥水処理を施した生地は、汗をベースレイヤーに送り込みますが、ベースレイヤーからの水分はシャットアウトして、体を濡らしません。

ミッドレイヤー

ミドルレイヤー、中間着とも言われます。ベースレイヤー(一番内側)とアウターレイヤー(一番外側)の間に着るウェアなので、ミッドレイヤーと呼ばれます。

Tシャツ

ベースレイヤーの上に着ます。基本の行動着となります。機能的にはベースレイヤーに近く、ベースレイヤーから汗を受け取って拡散する役割があります。化繊が主流です。

インサレーション

インサレーションは本来は断熱材という意味です。登山ウエアでは、中綿入りの保温ウェアをこう呼びます。

中綿がダウンのウェアは保温力と軽さがピカイチです。そして、非常に小さく収納できるので、ザックの中でかさばりません。

フリース

やわらかい起毛仕上げのウェアです。ダウンジャケットは扱いに気を使いますが、フリースは乱雑に扱える気軽さがあります。ただし、ダウンに比べるとかさばります。

ソフトシェル

防風・撥水・保温・ストレッチ性をバランス良く備えたウェアです。アウターとしても使える汎用性の高さがウリ。秋まではアウターとして使うことが多いです。

アウターレイヤー

一番外側に着るジャケットです。アウターレイヤーの役割は、厳しい外部環境から体を守ることです。雨や雪、強風などをしっかりシャットアウトして、濡れや体温の低下から守ります。

レインウェア

防風・防水透湿性能を持ちます。雨と風の侵入を防ぎ、透湿性能により、ウエア内の蒸気は外に逃がします。ゴアテックスという素材を使用しているものが主流です。

どんな山に登るにしても、必ずザックの中に入れておく、登山の「三種の神器」の一つです。

ハードシェル

雪山を想定しており、防風・防水(防雪)透湿機能がしっかりしています。レインウエアと似た機能ですが、レインウェアに比べて生地が厚くできており、耐久性・耐摩耗性に優れます。この頑丈さが登山中の安心感にもつながりますよ。熱がこもりやすいので、ベンチレーションがついているものも多いです。

ウインドブレーカー

風から体を守り、体温低下を防ぎます。レインウエアで代用可能ですが、薄くて軽いので、ザックに忍ばせておくと重宝します。