インサレーション(防寒着)の選び方

インサレーション。未だに耳慣れない言葉です。山に行くときに、「インサレーション持ってく?」なんて言い方、普段はしないような気がします。初心者クラスの山域では、どちらかと言えば、行動中に着るものではなく、休憩中に着ることが多いインサレーション。その選び方をお伝えします。

インサレーションとは

インサレーションとは、中綿の入った防寒(保温)ウェアのことです。英語のinsulationは、「断熱・隔離」といった意味があります。体表面の暖かい空気をふわふわの中綿が抱き込んで、外気と断熱し、保温力を向上させています。中綿の素材には、水鳥のダウン(羽毛)と、化学繊維があります。それぞれには利点と欠点があり、使用環境に合わせて選択することになります。
街中ではアウターとして着ることも多いですが、登山中はミッドレイヤー(中間着)として着ることが多く、汗をかく行動時よりも休憩時に体を冷やさないように着ることの多いウェアです。

中綿の素材で選ぶ

ダウン

ダウンのインサレーションは非常に軽量でコンパクトです。薄手のダウンであれば、着ていることを感じさせないほどに軽いのに、とても暖かいという、素晴らしいウェアです。ただし、水に濡れてしまうと一気に保温力が低下するという欠点があり、雨天時や、大汗をかくような行動中には不向きです。そして、良いダウンは、とても高い!
天候が安定していて、気温の低い日に向いています。濡れる心配がない山小屋泊時に、この暖かさと軽さがとても重宝します。

化学繊維

ダウンと比較して、お手頃価格なのが化学繊維です。かさばりますし、保温力も劣りますが、濡れに強いという長所があります。化学繊維の改良によって、まだまだ進化は期待できます。
雪や雨の日のように、濡れてしまう可能性があるときは、中綿が化学繊維のインサレーションを持っていくと良いでしょう。

最初の一枚は、薄手のダウンを選びましょう

予算が許せば、シチュエーションに応じてインサレーションを揃えておくと良いのですが…。ダウンは、超高価ですので、Tシャツを買うように気軽に、というわけにもいきません。
というわけで、秋山までで、一枚選ぶとしたら、薄手のダウンをおすすめします。
薄手のダウンは、非常に軽くてコンパクトですから、ザックにも入れやすいですし、秋山までなら保温性も十分です。そしてお財布にもやさしい!(比較的、です)

インサレーションを着るときの注意点

インサレーションは、中綿が膨らんで空気を取り込むことで保温力を発揮します。ピチピチのアウターレイヤーで中綿の膨らみを潰してしまうと、せっかくの保温力が低下してしまいます。ダウンを着るときのアウターレイヤーは少し余裕がある方が良いでしょう。

ダウンパンツは超おすすめ!

さて、これまでは体に着るものでしたが、個人的にダウンパンツをおすすめしておきます。
体はレイヤリングで沢山着込むのに、足はパンツ一枚だけだったりします。まさに冷遇。山小屋泊やテント泊の際に、体は暖かくても、足が寒くて眠れない方は、本当にダウンパンツがおすすめです。冷たい布団、薄いシュラフでもダウンパンツがあればへっちゃらです。