ザックの選び方

ザック選びはとにかく難しい!メーカーも多いし、容量・背負心地も様々です。自分に合ったザックを選ぶのは、登山靴を探すより難しいかもしれません。そこで、基本的なザックの選び方をお伝えします。

ザック選びの重要性

ザックの選び方一つで、登山の快適性が変わってきます。自分に合ったザックは、ザックの重さを感じさせないくらい快適なものです。その反面、自分に合わないザックを選んでしまうと、肩や首が張ってきたり、痛みを感じてくることもあります。数時間、場合によっては数日を共にする相棒ですから、しっかりと吟味したいものです。

ザックの選び方

容量の違いで選ぶ

小型(〜30リットル)
日帰り登山に最適な容量。大きすぎないので、街中でも使いやすいです。小さいものはヒップベルトが無く、背負ったときの安定感が悪いことも。本格的に登山をするなら、容量が小さすぎるので、選択肢から外します。

中型(30〜50リットル)
山小屋泊に対応した容量。汎用性の高さがウリ。品揃えが豊富で選びやすいです。機能も充実しており、価格もこなれています。

大型(50リットル〜)
テント泊に対応した容量。テントとシュラフがかなり容量を食います。食料や水、防寒着やカメラ等も持っていくとなると、60〜80リットルくらいは欲しいところ。中〜大型ザックは、同じザックでも背面の長さでサイズを分けているので、選び方が難しいです。購入時は登山用品店のスタッフさんと相談しましょう。

最初に買うなら中型ザック

いずれはテント泊を考えていても、最初に買うなら汎用性の高い中型ザックがおすすめです。山小屋泊まで対応しますし、商品のバリエーションも多くて選びやすいのです。また、値段もお手頃ですので、買いやすいというのもあります。大型ザックに手を出すのは、ある程度中型ザックで登山をしてみて、自分のスタイルを模索してからでも遅くはありません。

デザイン・機能で選ばない、背負い心地で選ぶ

どんなに好みのデザインでも、欲しい機能が搭載されていても、自分に合っていなければ意味がありません。特に、大型ザックの場合、荷物を入れると総重量で20キロを超えることもあります。少しの違和感が、重大な痛みにつながることもあります。登山用品店でのフィッティングは必須と言えるでしょう。
僕の場合、大型ザックは、グレゴリーのバルトロを使用しています。好日山荘で、スタッフさんと相談しながらフィッティングさせていただいて、購入したものです。正直、見た目は好みではありません…。ただ、背負い心地は抜群です。よく考えてみれば、登山中は常に背負っているので、見た目は関係ないですよね。おかげで、登山中に発生していた肩こりや腰痛も起きなくなりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA