初心者のための登山靴の買い方

自分に合った登山靴を見つけることができれば、登山の半分は成功ではないでしょうか。それくらい登山靴選びは重要となります。自分に合っていない登山靴は、足の痛みの原因となるだけでなく事故にもつながります。自分に合った登山靴をじっくり探しましょう!

登山靴の種類

まず、登山靴について、知るべきことはたくさんあるのですが、初心者の方は、登山靴主流の三種類を知っておけば良いでしょう。登山靴は、足首を覆う部分が高いか低いかで、三種類に分けられます。

ハイカットモデル

足首部分が高めのモデル。足首をしっかり覆うことで、足首がグラつかず、捻挫になるのを防ぐことができます。また、ソール(靴底)がしっかりしており(ほとんど曲がらない)、靴全体もしっかりしています。それによって、重い荷物を背負った時の足の安定に寄与しています。また、ソールが硬いことで、岩場などのゴツゴツした不安定な自慢でも安定して歩くことができます。その反面、重くなりがちで、ソールの硬さも相まって、歩きにくさを感じることも。

長く登山を続けられそうならこのタイプがオススメ。

ミドルカットモデル

ハイカットモデルと、後述するローカットモデルの中間の登山靴。ハイカットモデルよりも足首部分は低いです。

バランスのとれたモデルが多く、一番最初に買うなら、このモデルがオススメ。

ローカットモデル

荷物が軽く、凸凹の少ない道を歩くのに適したモデル。おしゃれな色使いの靴も多く、街歩きにも向いています。足首の自由度が高く、歩きやすい反面、足首が固定されないため、重い荷物を背負って岩場を歩くのは難しいでしょう。

足首保護の観点から、初心者の方にはおススメしません。軽装登山が目的の方、山歩きに慣れた方向けです。

その他

これ以外にも、アプローチシューズやトレイルランニングシューズなどがありますが、割愛させていただきます。

初心者向け登山靴の買い方

街の靴屋さんで買ってはいけない

街の靴屋さんで買うのは避けましょう。街の靴屋さんでも、トレッキングシューズやハイキングシューズ…のようなものは売っていますが、やたら軽くて足を守ってくれそうになかったり、防水じゃなかったりします。真っ当な登山靴に履き慣れた人なら、「これ大丈夫なの?」と思うことでしょう。また店員に登山の知識がないため、自分に合った登山靴を探すことができません。おそらくお店にとってオイシイ「利益率の高い靴」を売りつけられるでしょう。

やはり、登山用品店で買うのが正解です。あたりまえですが、しっかり足のサイズを測ってくれて、粘り強く試し履きに付き合ってくれ、こちらの質問にもしっかり答えてくれる、そんなスタッフのいる登山用品店が良いでしょう。特に試し履きはじっくりとさせてもらえないところはNGです。ハイカットモデルは5万以上するものも多いので、簡単に決めてはいけません。

一人で選んではいけない

登山用品店のスタッフは、いわば靴選びのプロですから、プロの判断を仰ぎましょう。我々素人の目利きなど役に立ちません。一人で行って、一人で選ばないようにしましょう。一人で選ぶのは、一足履き潰してからでも遅くはありません。

プロの判断を仰ぐと言っても、最低限、必要な情報があります。それは行きたい山です。高尾山なのか、北アルプスなのか。裏山なのかヒマラヤなのか。相手はプロですから、山がわかれば山の難易度も大体わかってくれます。わかってくれない場合は、岩が多いのか、傾斜がきついのか、と言った情報でも良いでしょう。

何れにしても登山用品店のスタッフに行きたいところ、したいことをしっかり伝えることで、自分に適した登山靴をチョイスしてくれます。そして、ちょっとした疑問でもすぐに質問しましょう。

メーカーで選んではいけない

くれぐれも、メーカーやデザインで選ばずに、自分の足にフィットした登山靴を買ってください。自分に合わない靴を買ってしまった時は悲惨です。私は、試し履きさせてもらって、「ちょっときついかな?」と思った登山靴を、デザインが好みだという理由で買ってしまったことがあります。その登山靴で登山をするたびに、足の指先が痛くなってしまうので、しばらく山に行かなくなってしまいました。そして、5万もした登山靴を捨てるのは、本当に勇気が必要です!

しっかり試し履きをしよう

さて、チョイスしてもらった登山靴ですが、試し履きをさせてもらいましょう。履き方のコツを聞くのも忘れずに(大抵履く時に教えてくれますが)。そして店内を歩かせてもらいます。つま先が靴の先についてませんか?小指に圧迫感はないでしょうか?締め付けがキツくないですか?

とても大事なことですが、その時に思った感想は正直にスタッフに伝えて、別の登山靴を選んでもらうことが大切です。それを納得できるまで、何回か繰り返しましょう。そうしないと、ちょっと不満のある靴を買うことになってしまいます。全く不満点のない登山靴はありませんが、不満点はできるだけ減らしておきましょう。

登山靴選びはとても難しい

今回は、「登山靴の選び方」ではなく、「初心者のための登山靴の買い方」とさせていただきました。なぜなら、登山靴を選ぶには、かなりの知識が必要となるからです。初心者の方が自分に適した登山靴を自分で発見するのはとても難しいことです。登山用品店に行けば、その知識を持っているスタッフがいます。これを利用しない手はありませんよね。自分で登山靴を選ぶのは、最初の一足で山慣れしてからでも遅くはありません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA